劇団紹介


時間や空間を飛び越えてイメージを紡いでゆく
『いちびり一家』の劇世界
それは「やりたい人がやりたいように」という言葉を体験するべく、
歌って踊っての大騒ぎ。
日常的な世界と詩情あふれる幻想世界が混在するいちびり一家ワールド。
奇想天外の「羽化」を目指して猛進中!!

 

劇団員が参加してきた作品はコチラ⇒

チラシからいちびり一家の過去を垣間見る⇒

▼2000年
 髙橋圭司の呼び掛けに15名が集結。
 メンバーは、大阪芸術大学 舞台芸術学科 ミュージカルコースの学生が
 中心となった。しかし、なぜか当初より宝塚北高校演劇科の卒業生である
 吉井希も参加していた。
 
▼2001年3月
 集団名を【 いちびり一家 】に決定。
 兵庫県立ピッコロシアター中ホールにて旗揚げ公演 を行う。
  いちびり一家のひなまつり と冠し『 物語る月 』を上演する。
 
▼2002年
 旗揚げ公演は実質ユニットとして行った公演であったが、
 第2回公演『 紫陽花の夜 』から いちびり一家は劇団としての活動を開始。
 劇団員は11名となった。劇団規約はたったひとつ、「退団費は100万円」。
 これは、劇団員の退団を喰い止める狙いの他に、その退団費で次回公演
 を打ってやるというなんとも恐ろしい企みだった。
▼2003年~2006年
 年間二本の作品発表をベースに積極的に公演活動に励む。
 この間に、劇団員構成にいろいろと変動はあったものの「100万円」を
 本当に支払う者はいなかった。当然である。
 追記しておく、いちびり一家への入団は無料である。
 
▼2007年
 第11回公演『春が来た』終了後、年内の公演活動を休止。
 ミーティングと称した呑み会に明け暮れる。
 
▼2008年
 5月、ウイングフィールド提携公演『石の子ども』により公演活動を再開。
 6月、吉原宏美が劇団スタッフとして入団。半ば強制的という噂もある。
 この年は、劇団員の外部出演が目立った一年となった。
▼2009年
 3月20日付けで劇団正式名称を『 劇団いちびり一家 』と改める。
 それに伴い、座長制度を廃止し、新たに代表を置くことを決定。
 2009年度劇団代表には阪上洋光が就任。 
▼2010年
 劇団結成10周年を迎えた。
 それを記念して、春の公演のあとにコンサートを行う。
 10周年記念コンサート『もしもし』 in 梅田アムホール。